可愛い患者さんエピソード【孫悟空がフリーザに…】

◎はじめまして。
現在は会社勤務ですが、放射線技師です。

 

とある病院の、とある患者さんの話。
その患者さんは高齢の方(男性)ですが、ご家族が同居されておらず、
衛生状況があまり良くなかったのか・・・
ドラゴンボールの孫悟空みたいに髪が全部立っていました衝撃
脳梗塞の疑いだったので、後日再検査をしにCT室に来たときに・・・
フリーザ(丸坊主)に変わっていました。
勿論、看護師さん達はご家族の了承を得て散髪したと思いますが、いくらなんでも切りすぎかと・・・。
五部刈りなんかではなく、本当に丸坊主になってました。
孫悟空からフリーザへ・・・。
あまりの変わり様に、もう一度本人確認しました…

 

◎初めまして。
6年目ICU・外科病棟勤務の看護師です。

 

不穏や認知症の患者さんが多く、転倒・転落予防で安全帯を使う事が多いのですが(汗)

 

おばあが『これ外してよ〜』と。
それに対して先輩が『それね、1000回クルクル廻すと取れるよ!』て言ったらその後、
おばあが必死に磁石をクルクル廻してました(笑)

 

ちょっと可愛いかったです。

 

◎軽く認知症があるPt.
急に「わかめ〜」と叫び始めたので行ってみると
真顔で「あんたがわかめ?」と聞かれ…
「わかめ?!」と聞き返すと
「わかめを連れて来て。わかめ〜」って…
サ◯エさんですか(汗)

 

爆笑でした。

 

◎脳挫傷後の患者さま。
うまく話せず、自分の思いを伝えられずイライラ。
看護師は、言うことをきかない患者という対応。
あたしが担当した日、患者さまの話を時間かけてゆっくり聞いた。
涙ながして喜んでくれたのはよいのだけど…

 

それから、その患者さまに『なんでもしてくれる看護婦さん!!』と呼ばれるようになった(汗)

 

いや(汗)なんでもしませんよ!
誤解うむんで大きな声で呼ばないで!

 

◎認知症のある高齢の男性の患者さま。

 

夜間のラウンド時、寝ているおじいちゃまの耳元で「ポッポッポ〜」と歌うと、おじいちゃまが「ハトポッポ〜」と歌ってくれました。
でも、爆睡中!

 

えっ?寝てるのに…
だけどすごくかわいかったです。

 

◎昨日の日勤終了後の事。
残業しながらパソコンに向かっていると、準夜の新人ちゃん&患者さんのやりとりが…
どうやら、食事後のうがいの様子。

 

新「ベーして!」
患「べ〜」
新「違うよ、ペッして!」
患「ペッ」
新「ペだよ!」
患「ペ、ペ」

 

口から吐き出すのではなく、言葉で言っちゃってる(笑)

 

必死な新人ちゃんと、患者さんの可愛い発音に、ニヤニヤしてしまいました。

 

たまにいるんですよね。

 

◎訪問看護師やってます。
訪問先の患者様。

 

「暑い中、お茶も出さずにすみませ〜ん」

 

とよく言われます。

 

いえいえお客様でないから良いのですよ!

 

中には「子供だましで悪いですけど・・・」と
おやつを握らせてくれます。(笑)

 

孫に見えるのかな〜。

 

◎NICUにて。
赤ちゃんが鼻をひくひくさせて、くしゃみをしようとしていました。
「ハッ、ハッ、ハッ…」
さぁクシャミするぞ…と思ったら
「オオ〜ゥ。」
クシャミ消えてしまい、オヤジのように唸っておりました。
赤ちゃんは見ていて飽きないです。