可愛い患者さんエピソード【中におじいさんがいるよ!】

◎3歳の男の子‥‥診察室にいる院長(76歳)を見るなり大声で
『わぁぁぁ〜!ママ〜!!中におじぃさんがいるよぉぉ!!!』
スタッフ一同、笑いをこらえるのに必死でした。

 

◎ある寒い日の事。
うちのドクターが白衣の下に、白のハイネックのジャージ?パーカー?みたいのを着ていました。
外来患者さんがワザワザドクターを追いかけて行って一言。

 

Pt『先生大丈夫!?』

 

Dr&私『???』

 

Pt『首!ムチウチなんやろ?事故ったん?』

 

もう私こらえるのに必死(汗)
首短いからハイネックがカラーに見えたんでしょうね(笑)
ドラえもん体系のドクターだから仕方ないよね…

 

◎ちょい認知入ってるおば〜ちゃん。
「看護婦さん、子供がそこで何か言ってるよ」
うち、老人病棟なので子供なんか居ないんですけど…
また別の認知入ってるおばーちゃん。
「あんたらの後ろを小さい子供が付いて回ってるけど、何事だい」
あの〜…面会時間過ぎてるし子供なんて居ませんけど…
同じ日に居るはずもない子供ネタを聞いて…
怖かった!
可愛い患者サマと言うより…
何かが見える不思議な患者サマ??

 

◎97歳と88歳のおばあちゃん達がガールズトーク(笑)してる様子はかわいくって思わず顔が緩んでしまいました。

 

あんまし話しがかみあってないけどね。

 

◎寝たきりで発語も少ないおじいちゃんがいきなり
「かわえぇ〜かんごふしゃん」
あら?
私「どうしましたか?」
「あのしゃ、枕の下にこしょっとお菓子を入れといてちょ」
かわいすぎて本当にお菓子をあげたくなりました!!

 

◎抜管後1日目、しっかりと自己喀痰できない、おじいさん。

 

朝7時、去痰薬の超音波ネブライザーを酸素マスクに取り付け、
「霧状のお薬がでますからね〜、深呼吸しましょうねー」と声をかけると、

 

まだ、ウトウト眠っていて、返事がない。

 

10秒後、いきなり、
「あぶない!あぶない!」と、おじいさんが叫ぶ。

 

急いで、「どうしました!?」と駆け寄ると、

 

「火事!火事」と焦っている。

 

夜勤の疲れもふっとんで、大爆笑。
ネブライザーの噴霧が火事だと思ったんだって。
なんて、可愛いんでしょ。

 

◎気管切開した患者さま。
蓋が外れると声がもれて話せなくなるのよね(汗)

 

ふっ…ふたはぁ…
ふっ…ふたはぁ…

 

と連呼。
ポカンとなにをうったえてるかわからないナース(汗)

 

蓋をしてくれと言ったんでしょうね。

 

◎病棟クラークしてた頃、認知症のおじいちゃんが廊下歩いてた看護師さんに向かって『親方〜』って言ってました。
可愛かったです。

 

◎ある患者様にドクターについての相談を受ける。

 

「先生がかっこ良過ぎて目を見て話せないの。緊張もするし、先生代えてもらえないかな。」

 

患者様は必死でしたが、私は笑いを堪えるに必死でした。